「良い姿勢」で立てますか?

良い姿勢で立っていると、

✨お腹にお肉が付きにくくなります。

✨腰痛が軽減します

✨スタイルが良くみえます

① 壁にかかとを着けて立つ
  *前に倒れそうと感じたり、太腿の前にカチっと力が入る場合は、
   壁から5cm程度踵を離してもok
② 胸椎(バストの後ろ側)が壁につくように
  *つかない場合は息を吐いて背中の力を抜きましょう
③ ウエスト部分の後ろ側に手のひらを入れて、隙間が手のひら1枚分ならok
  *写真左のように、空間がたくさん相手しまう場合は骨盤を立ててみましょう(お尻の穴を下に向けるイメージで)
【ポイント】
  ●良い姿勢は苦しくありません。
  ●苦しい場合は無理な力がかかってるので深呼吸!
  ●太ももの前が固くなっていませんか?
    膝を少し緩めたり、踵を壁から数センチ離しましょう。
    太ももは、らく~にしましょうね。
  ●下っ腹(丹田)部分の奥が固くなっていたらok !

 

姿勢を意識してきれいな身体のラインを作りましょう。